ファクタリング事業者の比較ポイント

ファクタリングは売掛金を売却して買い取ってもらうことで資金を調達するという金融サービスで、担保となる固定資産を持たないなどの理由で融資を受けるのが難しい企業等でも利用できるとあって人気を集めています。サービスを提供している事業者の数も多く、ネット専用で遠方から利用を申し込める事業者なども存在します。
ファクタリングは融資とは異なる仕組みでサービスを提供しているため、貸金業法の規制を受けません。
そのため、事業者ごとにサービスの内容が異なるのが特徴です。
利用する際は、それぞれの利用者のサービス内容を比較検討したうえで、自社に合ったところを選ぶことが大事です。

魅力の高いファクタリングの比較の分かりやすい情報はこちらのサイトです。

ファクタリング事業者を比較する際に最も重要なポイントは、手数料水準です。



利用時には売掛金の額面から手数料を差し引いた額が売却代金として交付されるため、手数料がいくらになるかは調達できる資金の額に大きく影響します。

ただし、たとえば額面の2パーセントから10パーセントといった具合に、あらかじめ設定されている手数料には幅があるのが一般的です。

これは、売掛金の回収確実性や支払期限までの日数などによって数字が変動するためです。



そのため、利用に際しては複数の事業者にコンタクトを取り、実際に見積もりを取って比較するようにします。

また、現金化までの所要日数も重要なポイントの1つです。申し込んでから入金されるまでの日数は平均すると3〜4日程度ですが、中には即日入金を謳っている事業者もいます。