ファクタリングで二社間か三社間か比較しよう!

ファクタリングを検討する際に比較するべき点の1つが、二社間か三社間かというどちらの環境で利用するのかという点です。

二社間か三社間かといわれても、2つの間には大した違いはないというイメージを持っている方も多くいます。

しかし実際に条件を比べてみると、さまざまな違いが存在していることがわかります。
より良い形で利用するためにも、ファクタリングについてしっかりと比較したうえで検討するようにしましょう。
例えば二社間における特徴の1つが、自社と売掛金を買い取る会社間のみで契約が成立する仕組みです。

ファクタリングの比較に関する耳より情報です。

2つの会社しか関わらないことで、契約や現金化までのスピードが早いというメリットがあげられます。


一方で注意が必要になるのが、三社間と比較した場合、ファクタリングにかかるデメリットが高いことです。



メリットとデメリットの両方を把握したうえで、どのような契約が適しているのか検討する必要があります。



三社間取引は、二社間よりも手数料が安くなるというメリットが存在しています。手数料を安く抑えたいと考えている場合であれば、二社間ではなく三社間を利用するようにしましょう。

ただし三社間の場合には、取引先に売掛金譲渡を行ったことが知られてしまいます。


このようなデメリットも考慮したうえで、比較してどのようなファクタリングの形式が適しているか考えることが大切です。

今のことだけで考えるのではなく、長い目で見て会社にとって良い選択をすることがポイントの1つです。