融資の審査に通りにくい時はファクタリングがおすすめ

企業等が事業資金を調達する手段としては銀行等の融資がポピュラーですが、中にはその手段を活用することが困難なケースもあります。

おすすめのファクタリングの情報を公開しています。

言うまでもなく、融資を受ける際は金融機関の審査を受ける必要がありますが、事業状況などが基準を満たしていないとして審査に通らない企業も少なからず存在します。そのような場合は、別の資金調達法を探す必要があります。融資によらない資金調達手段として近年注目を集めているものに、ファクタリングがあります。


これは、企業等が商取引を行う際に発生する売掛金を売却して、代金を得るというものです。

売掛金は取引先との間で定めた支払日が到来すれば入金されますが、ファクタリングを利用すれば支払日前であっても現金化が可能です。

急場の支払いなどに必要な資金を獲得するのに、おすすめのサービスであると言えます。また、ファクタリングは過去に融資の返済をめぐってトラブルがあった企業などにもおすすめです。通常、融資を受ける場合は信用調査というものが行われ、これまでに各種の金融サービスを利用した履歴などがチェックされます。

その際、過去にローンの滞納などがあると事故情報としての記録が残っているため、審査に通りにくくなります。
しかしファクタリングは融資とは異なる金融サービスであるため、審査時にも信用情報に関する照会が行われません。

そのため、これ以上融資を利用することが難しいという企業等にも利用できるチャンスがあります。



同様に、開業して日が浅いため目立った事業実績がない企業などにもおすすめです。