ファクタリング業者を比較するときの注意点

ファクタリング業者はまだそれほど規制がされていないため、怪しい業者も多数存在しており、契約には細心の注意が必要です。
ファクタリング自体は経済産業省も勧める資金調達手段の1つとして、海外でも一般的な方法ではありますが、取引する会社が違法な会社の場合は、最終的に資金繰りがさらに悪化する危険もあるので気を付けましょう。


業者を比較するにあたって気を付けるべきなのが、債権を担保とした融資なのか、買取なのかです。

ファクタリングの比較の基本知識を紹介しています。

融資の場合は貸金業法によって規制されるため、貸金業者の登録が必須になります。登録せずに営業をしている業者は違法な可能性が高いので取引はしない方が良いでしょう。売掛金の一部だけを買い取ってもらった場合、担保をもとにした貸付とみられることがあるため、利息制限法に引っかかる可能性もあります。



別の資金繰り方法を紹介してそちらの契約を勧めてくるケースもあり、闇金も法整備の整っていないファクタリングに参入してきているので、安全な会社かどうか見極めることができないと、トラブルに巻き込まれる可能性があります。



比較的安全なのが有名企業のグループ会社や知名度の高い会社との取引です。
最近では安全な会社がファクタリング事業に乗り出してきているところもあるので、そうした会社と取引をした方が手数料も安く済む傾向にあります。
いくつか取引できそうな会社を絞ってから比較するようにし、必ず会社の実態をよく調査しましょう。


Webサイトを見て情報を確かめるとともに、会社名を検索して口コミの調査も必要です。